BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

スペシャルショップ・ナビ

新車のようなW124 メルセデスベンツ500E ハーネスとACコンプ交換で乗り出し体制に


リードの雪入です。

お客様が見つけてこられたのは、W124型メルセデスベンツ 500E。

初期型ながら走行距離も極めて少なく、保管状態も良かったようで、

あらゆる部分が使用感もなく、まるで新車のようです。

外装のお約束劣化ポイントである金属モールの曇りもまったくない、

いわゆる“極上車”と言われるヤツです。
 
 
W124 500Eは当時も数多くメンテナンスを手がけましたが、

個人的にも好きなモデルだけに、久しぶりの作業が楽しいですね。

しかしながらこの極上車、そのまま乗り出せるかというと、そういうワケにはいきません。

問題のある部分に手を入れていきます。
 
 


この時代のメルセデスの配線皮膜はリサイクル素材で作られており、

年月が経つと硬化してしまい、バリバリと割れてトラブルを引き起こすことが多いのです。

当時もよく交換しましたが、現在供給されている部品は対策済みのものになっているので、

こうして一度交換してしまえば、これからはずっと大丈夫。
 
 


エアコンもコンプレッサーが作動しないので確認すると、コンプレッサーは新品のような見た目ながら、

シール部分が劣化して、オイルが漏れ出してしまっていました。

こちらも新品のエアコン・コンプレッサーを取り寄せて交換。冷媒ガスを真空引きしてガス漏れチェック後、

作動を確認したところ、バッチリと効いています。
 
 


ポルシェが手がけ、当時世界最強のスポーツセダンと言われた500E。

奇跡的なコンディションで保管されていたこのクルマを

これで気持ちよく乗り出していただけるでしょう。

READ(株式会社リード)

神奈川県横浜市港北区新吉田町5164
TEL:045-594-6180 FAX:045-594-6181
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日、祝祭日
http://www.read-diag.co.jp/ E-Mail:yukiire@read-diag.co.jp