[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スペシャルショップ・ナビ

シトロエン・プジョーの1.6ターボエンジン パワー出ず/はターボコントロールソレノイド交換

P7015767

シトロエン・プジョーの1.6ターボエンジン。

殆どの車種に搭載されているお馴染みのエンジンですが、BMW1シリーズとBMWミニを
含めると結構な台数が日本にも入って来ています。

ウィークポイントも色々と有りますが、チューニングで156ps~210ps位まで
あり楽しめます。

プジョー207SW・GTIは175psと結構ハイパワーです。
走行中にどうもターボの効きが弱く感じ、高回転まで回りたがりません。

フルスロットルで6,000rpm近くまで回したとたんに「ピッ」とフォルトが点灯して
アクセルを踏んでも加速しなくなりました。
E/Gマネージメントのフォルトのようです。

早速診断機で診断すると、コードナンバー/P02263が記録されていました。
このコード番号は、過給圧調整不良(圧が強すぎる)です。

まずダンパーバルブを確認、問題ないので疑われるのはターボコントロールソレノイド
です。

P7085781

プジョー207SW・GTI E/G不調

付いている場所がこれまた厄介な場所です。
インテークマニフォールドの裏側に吊るされています。

エアークリーナーBOXからインテークマニフォールドまでそっくり外さなければ
お目に掛かれません。

交換後はパワーモリモリと本来のGTIに戻りました。

RS-UNO(有限会社アールエスウーノ)

埼玉県春日部市豊野町1-22-14
TEL:048-738-8912 FAX:048-738-8917
営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
http://rsuno.com/

新着ニュース

ニュース一覧