スペシャルショップ・ナビ

ギャラン・ラムダのサビ修理 鉄板を継ぎ接ぐケースもあります


羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。

こちらは以前にもご紹介した、昭和の名車(?)ミツビシ・ギャラン・ラムダ。
オーナー様は非常に大事にされているのですが、屋外保管ということもあり、
サビの問題は避けては通れません。




今回はフロント・フェイスのパネルのサビが気になるということで診てみました。
袋状になっている部分を開けてみると、内部はかなり腐食がが進んでいました。
これは屋外保管の痛いところですね・・・

メーカーからボディパネルが新品で出てくれば交換して終わりなのですが、
40年近くも前の、しかもマイナー車の外装部品が出てくるはずもありません。
 
 
そこで、本当はやりたくないのですが、切り接ぎ鈑金で修理することに。
先日のハチロクやロードスターの腐食修理でも書きましたが、クルマのことを考えると
できれば溶接で鉄板に熱を入れるのは最低限にとどめたいところ。



腐食部分を切り取り、欠損部分のパネルを鉄板で作りだし、何度も形状合わせを行い・・・
いいんじゃないですか? 写真だけ見れば、チョイチョイと簡単に作っているように見えますが、
実際には最初に試作したものは、形状やカーブの感じが今ひとつ気に入らなかったので、
改めて作り直しました。
 


逆にここで無理をして、カタチがおかしいものを溶接してしまうと、後々が大変なことになってしまいます。
ですので、ここでビシッと決まることによって、後がラクになるのです。

って、なんか鈑金塗装屋さんのブログっぽいですね・・・

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]