スペシャルショップ・ナビ

R35 ニッサンGT-RのVDCユニット修理 愛知県から タイヤ脱着なしで作業

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています


こんにちは、Jスクエアの永井です。
R35 GTRのVDCユニット修理で愛知県からご来社いただきました。
休憩含め約4時間かかったそうです。
遠いところありがとうございました。
 
 



日産車の診断機を言えばコンサルトですが、GTRの診断機はそれとは別の独自のシステムを使用します。
 
 


入力されていた故障コードがこちら
C1111 ポンプモーター故障
 
 



VCDのポンプモーターを取り外します。
まずはマスターシリンダー内のブレーキオイルを抜き取り、ユニットの横にあるリレーを取り外します。
その後、マスターシリンダーに付いているブレーキパイプを取り外すと、VCDユニットを取り外す準備が完了です。
 
 



VCDユニットはタイヤハウス側からインナーフェンダーをめくって、取り外し作業を行います。
今回はお客様がホイールナットキーを忘れてしまい、タイヤを取り外すことができないので、
ハンドルを目一杯切り、空間を作っての作業となりました。 
 
 


こちらが修理するVCDユニットです。
 
 



VCDユニットの修理完了後、ユニットを組み付け、ブレーキのエア抜きを来ないます。
マスターシリンダーに専用のアダプターを取り付け、ブレーキオイルを圧送します。
R35 GT-Rの純正ホイールは、スポークの間が大きく空いているため、タイヤを取り外さなくてもエア抜きが可能です。
キャリパーは対抗4ピストンなので、エア抜きブリーダーはは内外二カ所にあります。
今回はタイヤが外せなかったので、リアの内側は少し作業し辛かったですね。
 
 


その後、前後Gセンサーとブレーキ圧力センサーのキャリブレーションをして作業は完了です。
今回はタイヤが外せないというイレギュラーはありましたが、R35のVCDユニット脱着自体は
数百台と行ってきたので、チョットエア抜きがしにくかったかなと感じた程度でした。
逆に大きく重いホイールの脱着に伴うリスクがなくなる分、タイヤを着けたまま作業した方が
効率が良いということの発見にもなりました。作業時間も短縮できましたし。
これからも更に早く、更に上手くを目指していきたいですね。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]