スペシャルショップ・ナビ

E91型BMW 325iのABS修理 基板修理できず ポンプは修理対応でコスト低減

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています
 


Jスクエアの永井です。
E91型BMW 325iのお客様よりABS修理を承りました。
 
 



点灯していた故障ランプは、【ABS】、【DSC】、【タイヤ空気圧】の3つ。
入力されていた故障コードは【5DF0 DSCハイドロポンプモーター】
【5DF1 DSCハイドロポンプモーターコネクター】、そして故障履歴で
スピードセンサー右後ろが入力されていたので、部品交換しました。
 
 


修理完了後に故障コードを消去しようとしても、右後ろスピードセンサーが消えません。
部品の初期不良を疑い、新しい部品と付け替えても同じコードが出ました。

データロガーで確認すると、右後ろだけ反応していません。
スピードセンサーが正常となると、残るは配線です。
スピードセンサーとABSユニット間の配線をチェックするも正常です。
そうなると、ABSユニット内部のスピードセンサー回路の不具合が考えられます。

E90系のABSユニットでは、ユニット基板が修理で治すことができないため、部品交換となります。
基板のみを新品にして、ポンプ部分は修理で対応できますので、
全てをアッセンブリー交換するよりは安価に修理ができます。
 
 


ABSユニットの基板の国内在庫がなかったため、ドイツ本国オーダーとなりました。
お客様にはお手間ですが、2度ご来社いただいての作業となりました。
 
 



ABSポンプは修理済みですので、基板のみを交換します。
エア抜きを行って交換作業は完了です。 
 
 



続いてコーディング作業に入ります。
MOSTケーブルを接続し、診断機でコーディング、
さらにDSCセンサーとユニット、プレッシャーセンサー、DSCバルブの調整を行い
コーディングの工程が完了しました。

今回は珍しいケースでお客様には2度も足を運んでいただきましたが、ABSユニットを新品で
オーダーするよりは大幅にコストを下げることができました。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]