スペシャルショップ・ナビ

964型ポルシェ911カレラ2 エンジンマウント交換/マウントは走り味の面でも大切

メッツスピードの鞍貫です。

本日は1990年製の964型ポルシェ911カレラ2のエンジンマウントを交換しています。

930型ポルシェ911シリーズまでソリッドゴムのマウントを純正採用していたのですが、

964911シリーズから2分割のエンジンマウントに切り替わりました(RSシリーズを除く)。

中にはオイルと制震ブッシュが内臓されていて、車種別、モデル別で品番分けされていて左右品番が違うモデルや、

品番変更で旧モデルに新型のマウントが付いたりと色々仕様が違う模様です。

今まで余程の振動や破損が無い限りあまり目が行かなかった部品ですが、ここ最近マウントが下がりすぎてエンジンが傾いている車両や酷い振動の車両が増えてきて、

入庫車両を点検するとマウントが痛んでる車両が多いこと、多いこと。

交換すると振動も減りますし、エンジンも正規の位置に戻ります。

フィーリングもよくなり車内に不快な振動や音が入って来なくなります。

整備としては此処までで良いのですが、これだけ品番違いや仕様違いがあるならばちょっとだけRSマウント、みたいな部品流用強化マウントが出来ないかと・・・。

現在ばらしたマウントの中身の違いや部品構成を研究中です。

垂れ下がったマウントは中のゴムが崩壊している物ばかりでしたので、それだけでも交換すれば精神衛生上良いですね。

気になる振動音、共振音、マウント交換で改善かれるかもしれませんよ。

点検等、御相談下さい。

MET’S-SPEED(メッツスピード)

東京都西多摩郡瑞穂町大字武蔵212-1
TEL/FAX:042-556-0502
営業時間:9:30~18:30 定休日:月曜日、第三日曜日、祝日
http://www.mets-speed.co.jp E-mail:[email protected]

新着ニュース

ニュース一覧