スペシャルショップ・ナビ

ソウルレッドのマツダ・アテンザを自費修理 リアフェンダーは鈑金修理で費用を半額以下に


羽鳥鈑金塗装工業所の羽鳥です。
左リア廻りをぶつけてしまったマツダ・アテンザ。
少し前にも事故で保険を使っているので、今回は自費修理で
とのお客様のご希望から、パネル交換ではなく鈑金と中古部品で
作業を進めることになりました。


しかし、よくよく見ると、こりゃパネルの歪みがヒドいですね。
バンパーの合わせ目もガッツリと変形しております。
通常の保険修理では、このような場合はリアクオーターパネルを
ごっそりと新品に交換しますが、今回は自費払いなので
鈑金修理できれば・・・


ボディ裏側の内装を外し、車内側からパネルを叩き出せないか?
などと作業方法を考えます。

このパネル交換となると、50万円ほどの修理代になってしまいますが、
鈑金すれば、なんとか半額以下に収められそうです。


まずはバンパーを外して作業開始。
・・・とこの写真はいくらか歪取りを進めたところですが。


地道に鈑金を進めるのです。
燃料給油口の近くなので、溶接時には気を遣います。
鈑金作業で割れた塗装を削り落としながら、更に鈑金を進めます。
これもまた技術と時間が必要とされます。
この時点で、大きなヘコミや歪みがなくなっているのがわかります。



そして鈑金でボディパネルの面がほぼ直ったら、
最後に最低限度のパテで最終的な整形を行います。


さらにバンパーを何度となくボディに合わせフィッティングしていきます。
リアバンパーは破損状況が酷かったので、リサイクル品を利用して費用を抑えます。

さて、今回鈑金したリアフェンダーは現代の主流であるモノコックボディでは
ボルト留めではなく溶接でボディに取り付いている『骨格パネル』です。
これを交換するということは、人間でいえば「皮膚を切り取り移植する」にも近しい行為です。

それだけに交換するとボディにダメージを与えることになり(もちろん細心の注意を払いますが)、
よほどのことでない限りは、新車から付いているパネルを使ってあげたいのです。
交換すれば良いという部品ではありません。

鼻息荒く「パネルは全て交換しろ!」と仰るお客様もおられますが、
そのクルマに愛情があって長く乗りたい、あるいは売却時に「事故車扱い」を受けたくないのであれば
可能な限りは交換ではなく修理した方がよいのでは・・・というのが私見でございます。

もちろん、パネル交換の全てがダメというわけではなく、当社でも交換がやむを得ない場合や
お客様のご希望ならば交換しております。

羽鳥鈑金塗装工業所

神奈川県横浜市都筑区川向町922-20
TEL : 0120-471-980(フリーダイヤル)/ 045-471-9800
営業時間:9:00〜21:00 定休日:日曜日(ただし連絡いただければ受付対応は可能)
http://www.hatori.co.jp/ E-mail : [email protected]