スペシャルショップ・ナビ

R35 GT-RのABS修理 他社での修理後にABSランプ点灯


Jスクエアの永井です。
R35 GT-Rのお客様がABS修理でご来店いただきました


OBD診断コネクターは運転席足元にあります。


R35 ABS故障コードがこちら

C1111 ポンプモーター


修理するABSユニットの場所は運転席前のこのあたりにあります。


ブレーキマスターシリンダーについているブレーキパイプをはずします。
ブレーキパイプを外さないとABSユニットをはずすことができません


別の会社で修理してもらったのですが、ふたたびABSランプが点灯してしまったために、
確実に修理するため弊社にご来社いただきました。
取り外したABSユニットには修理した痕跡がのこっています。

今回の症状はABSポンプモーターが動いていない症状で、
モーター部分のシーリングからみ水が混入してもようです。
通常ゴムのOリングでシーリングされていて、
ここに液体シールをつけてしまうと水が混入してしまうおそれがあります。
ゴムOリングは交換すれば大丈夫です。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]