スペシャルショップ・ナビ

ルノー・クリオ3 R.S.にリジッドメンバー装着 サスのジオメトリーを適正化



こんにちは、レッドポイントです。
ルノースポール車のサスペンション・ジオメトリーを適正化するために
開発した新作オリジナルパーツ『リジッドメンバー』。
さっそく装着のご依頼をいただきました。
 
現車はクリオ3 R.S.カップシャシーモデルで、現在サスペンションはノーマルです。
この手の剛体化パーツはノーマルサスでも充分な効果が得られるのが面白いところです。
「ノーマルの良さを最大限に引き出す」ことに重点を置いたパーツですが、
スポーティな味付けを行った足廻りなら、より一層効果が高くなることは間違いありません。
 



リジッドメンバーを装着する場所は、普段は見えませんが、サブフレームの前側を
ボディから吊り下げるように固定している場所です。この部分には車体の侍従がかかり、
走行中にはあらゆる力が及ぶ場所です。そんな箇所がゆるりと固定されているのは
実に残念なことです。ココをガッチリと固定し、ロードホールディング性能を高めます。
 
 
自社企画製品に関しての新作は、装着作業も試運転も、ワクワクしながら進めています。
どんな感じになるのだろうかと。悪い結果がでる訳がないので、むしろ期待しかしていません。
車両をリフトアップし、今回の作業対象となるメンバーサポートアームを確認します。
ロワアームの前側のマウント部と共締めで装着されています。



上側はフレームとボディを繋ぐ役割で固定されています。
ボルトを緩める前のブッシュのタワミから生じるサポートアームの遊び領域を、
動画に納めました。
 


お分かり頂けますでしょうか?
グニャグニャっとブッシュが撓んで動いてしまっています。
これで重たいサスペンション一式を支えているのです。
サスペンションへと及ぶモーメントに対して、かなり色々な緩さ・曖昧さを生み出す要因になっています。
上側の凝結部を外すと。

下側のマウントラバーを中心にこれだけの遊びが生じています。

この緩さをガッチリと固定しようと言うのが、今回のリジッドメンバーのアイデアです。



ちなみに、サポートアーム本体のしなりは殆ど生じません。
 
油圧プレスで、純正ブッシュを抜き取り、リジッドメンバーカラーに組替えます。



寸法を確認しながら、組み付けを行います。この後溶接にて固定します。

アライメント数値を保つうえで非常に大切な要素である、車両重量をロワーアームに与えた状態での(1G状態)最終締め付けを行います。



当社でのアライメント作業を施工済みの車は、1G締め付けのみでアライメントの狂いは無く完了しそうです。
そうでない車両は、ロワアームを緩めた時点でアライメント調整は必須になります。
なぜなら、緩めるだけでとても動き、トーの値が激変しますので。

さあ、結果はいかに!?

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/