スペシャルショップ

プジョー208GTI、低ダストパッド交換に併せてローター研磨で本来の制動力を発揮



こんにちは、レッドポイントです。
車検整備を行ったプジョー208Gtiはフロントブレーキパッドが消耗していましたので
SessA低ダストブレーキパッドを使い交換を行いました。

低ダストパッドの特徴としてブレーキダストの低減はもちろんですがローターへの攻撃性も少なく
ローターもパッドもかなり長く持ちます。

そんなローターへの攻撃性の少なさから、新品のパッドへの交換を行う際は
ローター面のコンディションが悪いとパッド本来の制動力が発揮出来なかったり、
ブレーキ鳴きが発生したりといった不具合が発生します。

そんな問題の発生を防ぐ為に今回はパッド交換とあわせてブレーキローターの研磨を行いました。
 



ブレーキローターを取り外しローター研磨機にセット。
 



研磨バイトを少しづつ送り進め、最小限の研磨量でローター表面をキレイに削り研磨していきます。
 



研磨前に錆びた部分をキレイに塗装しておけば研磨後はまるで新品のブレーキローターの様な仕上がりになります。
 



車両に組付け試運転を行いSDLを使い正しい制動力が出ていることを確認すれば作業完了です。

ローター研磨はブレーキ鳴きの改善やブレーキを踏んだ際のハンドルの振れや
ブレーキペダルに伝わる振動が気になる際にも有効な整備となります。

ブレーキに違和感を感じ悩まれてる方など先ず一度ご相談ください。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/

新着ニュース

ニュース一覧