スペシャルショップ

115型アルファスパイダーはブレーキキャリパーのリペア クルマの個性を活かす整備


こんにちは、レッドポイントです。
115型アルファ ロメオ・スパイダーはブレーキの引きずりを確認したため、
キャリパーのオーバーホールを行います。
駆動方式がFRですので、フロントにはドライブシャフトなどもなく、
転がり抵抗はほぼないのが本来の状態です。
経年劣化によるキャリパーシールの硬化、ピストンの汚れが主な原因と想定しています。
 
 


まずはブレーキキャリパーの取り外し。
形状と構造が現代のクルマとは異なります。対向2ポッドピストンです。
昔はこの構造が当たり前でした。その後片側のみの1ピストン&スライド構造が
主流に移り変わってきました。
 
 


ピストンを取り外すと、キャリパー内部のサビ、ピストン側の溝のサビ、
そしてキャリパーシールの硬化が確認できました。
 
  


ピストンシールとブレーキパッドを交換し、
キャリパーの表側を軽く清掃し、組み付けを行います。
 
 


いつもならば、ブレーキキャリパーを簡易塗装で化粧直しするのですが、
今回はあえてやめておきました。この当時のブレーキキャリパー特有の
色味を残したい思いが勝ったからです。
このキャリパーはシャンパンゴールドのような上品なメッキが施されています。
こういうカラーを再現する塗装を施すのもかっこよいかと思います。


旧いクルマには旧いクルマに合った仕上がりを。
現代のクルマには現代のクルマの仕上がりを。
クルマの個性を活かす整備を心がけます。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/
×