ウェッジシェイプ・デザインの色褪せない魅力 2台のロータス・エスプリに乗る

公開 : 2017.04.15 00:00  更新 : 2017.05.29 19:24

ウェッジシェイプ・デザインといれば、1974年にデビューしたランボルギーニ・カウンタックとランチア・ストラトス、そして1976年にデビューしたこのロータス・エスプリが即座に思い浮かぶことと思います。前者2台はベルトーネ、そしてエスプリは初代がジウジアーロ、2代目がピーター・スティーブンスのデザインによるものです。その違いはともかく、われわれ、特に1970年代に多感な時期を過ごした人々には、ウェッジシェイプは今なお魅力のあるデザインであることは間違いありません。(姉妹サイト、CLASSIC & SPORTSCARより転載)

もっと深堀り

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新海外ニュース

人気記事

        ×