同じクルマ、違う名前 バッジ・エンジニアリングのクルマたち 後編

2018.02.11

サマリー

セドグロ、タコⅡ、マークⅡ3兄弟など、日本にもバッジエンジニアリング的なモデルは多くありました。マツダの5チャンネル化で、その手のモデルが続出したこともご記憶かもしれません。では、世界に目を向けたら、最も多いバリエーションはどれくらいの数だったのでしょうか。

もっと深堀り

 
最新海外ニュース