【家族代々のホットロッド】1934年製レオ・フライング・クラウドをレストモッド 後編

2020.06.28

サマリー

1934年製のレオは、現オーナーのアル・パークスが生まれる前から、70年以上も家族の一員。2度のリビルドを経て、新車時以上の状態を保っています。現代の交通事情にも対応できる、珍しい米国製クーペをご紹介しましょう。

もっと深堀り

 
最新海外ニュース

人気記事