ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

ジャガーF-ペース

2016.06.13

―― F-ペースの購入者のじつに90%が、これまでジャガーを検討したことのないドライバーになる見込みです――

ジャガー初のSUVモデルにゴーサインを出した男、フィンバー・マクウォール(同社グローバルプロダクト・マネージャー)の言葉は、このクルマの本質をうまく捉えている。

しかし、ジャガーほど確固たるイメージを持つブランドも他にはない。それゆえサルーンでもスポーツカーでもなくSUVとなると、どうしても眉をひそめたくなる。

ただ、わたしはそんなことをするべきではないと思う。この特集を見れば分かるように、F-ペースはジャガーの新境地を切り拓きながら、ジャガーであり続けもするモデルなのだ。

AUTOCAR読者のまだ知らないジャガーの世界がここに始まろうとしている。

エクステリア

F-ペースのスタイリングには、ライバルメーカーのSUVと明確に異なるアイデンティティがある。それは、4輪駆動でありながら、後輪駆動のようなプロポーションを持っていることだ。

ジャガーらしいショートデッキと短いオーバーハング、SUVとしては長いボンネットがこのクルマの特徴だ。

フロントフェイスは、スクエアなグリルと左右の大きなエアインテークで構成され、スキッドプレートの存在がこれまでのジャガーにはなかった安定感と力強さを印象付ける。ヘッドランプの “J” ブレードシグネチャーLEDが最新世代のジャガーの証しとなる。

サイドからリアにかけては、F-タイプ・クーペの曲線美をうまくクロスオーバーモデルに取り込んだ。2本出しエグゾーストとアンダーガードがリアエンドに高性能SUVらしいパワフルなシルエットを与え、高輝度LEDテールランプが都会的なアクセントを加えている。

ボディサイズは、全長x全幅x全高が4740x1935x1665mm。BMW X3と比較して+75、+55、-10mmというサイズだ。

next page:ハンドリングを妥協しないSUVモデル