徹底解説

2017.04.26

アウディQ2 ―― 国内最速試乗&徹底解説

[編集部より]

アウディのSUVシリーズの最小モデルであるアウディQ2が本邦上陸を果たしました。日本の交通事情にマッチしたボディ・サイズを持つQ2を、こまかく解説いたします。

text:Takuo Yoshida(吉田拓生) photo:Hidenori Hanamura (花村英典)

■プロローグ

末っ子SUV デザインで個性を

アウディSUVの末っ子でありながら、しかし実際のアウディQ2は都市部の狭い道路や立体駐車場へのアクセスなど、我が国の交通事情に最もマッチした1台でもある。

このクルマを目の当たりした誰もが最初に目を止めるのは、一風変わったスタイリングであるに違いない。多面体/多角形をモチーフとしたポリゴン・デザイン・コンセプトは、今後アウディの他のモデルにも反映されるという情報はないが、しかし折り紙のようにエッジの効き、面が強調されたデザインは、アウディQ2のスタイリングに、実際のサイズ以上の存在感を与えている。

エンジンは1ℓ3気筒と1.4ℓ4気筒 1.4はCOD付き

Q2のモデル構成はカタログ・モデル3種に加え、限定車の1st エディションという構成になっている。

エンジンはベーシック・モデルのQ2 1.0 TFSIとQ2 1.0 TFSIスポーツが116psを発揮する1ℓ直列3気筒ターボを搭載。


一方上位モデルであるQ2 1.4 TFSIシリンダー・オン・デマンド(COD=気筒休止システム)スポーツと、それをベースとした1st エディションは最高出力150psの1.4ℓ直列4気筒ターボ・エンジンを積む。

トランスミッションは全車ツイン・クラッチ・タイプの7段Sトロニックとなり、駆動方式は前輪駆動となっている。

特徴はサイズを超越したスタイリングと実用性

アウディQ2の特長は斬新なスタイリングとパッケージングの妙である。

アウディ・デザインのアイコンであるシングル・フレームグリルを掲げることで一目でそれとわかるが、全体のイメージはカットされた宝石のように面が光を反射し、これまでにない表情を見せる。


車高が高められ、ホイール・アーチがタイヤを強調するあたりはSUVそのものの力強さだが、全幅は1795mm、全高は1530mm(1st エディションは1520mm)とコンパクトなので、これなら都市部の立体駐車場に容易に収めることができる。

一方室内は、前席はもちろんのこと、リア・シートも足元やヘッド・クリアランスがしっかりと確保されている。

またラゲッジ・スペース(405ℓ、最大1050ℓ)も絞り込まれたリアエンドから想像するよりはるかにスクエアな形状で扱いやすいラゲッジスペースを備えている。

さっそくアウディQ2に乗ってみることにした。


 

新型アウディQ2試乗記 ▶ セーフティ/コネクティビティ ▶ 3つのポイント ▶ スペック

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧