徹底解説

2017.07.13

アウディR8スパイダー ―― 国内試乗&徹底解説

[編集部より]

アウディR8スパイダー、進化から成熟へ向かっています。いま、どこまで「極まって」いるのでしょう? じっくりと試乗しました。解説で「おさらい」もできます。ご覧ください。

■プロローグ

「アウディ・スポーツ」としての決意

かつてランボルギーニを率いた、シュテファン・ヴィンケルマンをリーダーとして迎え、それまでのクワトロから新たにアウディ・スポーツへと社名を変更。

アウディの子会社として、高性能モデルの開発と生産を担当するこのアウディ・スポーツ社のプロダクトで、現在そのハイエンドを極めているのが、ミッドシップスポーツの「R8」シリーズだ。

2代目R8の使命

2015年に、まずクーペが発表された現行モデルは、R8としてはセカンド・ジェネレーションとなるもの。初代R8はランボルギーニのガヤルドと姉妹車の関係にあったが、現行モデルはウラカンと多くのメカニズムを共通する。

前作には用意されていたV8モデルが廃止され、搭載エンジンがV10のみとなったことを考えれば、現行R8とウラカンでは、より姉妹車としての共通性は強まったともいえる。

今回ドライブするのは、その現行R8のラインナップに昨年追加され、先日日本でのセールスも開始された、オープン仕様のスパイダーだ。

電動油圧式のソフトトップは、フレームにアルミニウムや鋳造マグネシウムを採用し、さらにそれが収納されるスペースのカバーをCFRP製とするなど、軽量設計への取り組みは徹底している。

ちなみにこのトップは、50km/h以下ならば走行中でも、約20秒間でのオープン/クローズが可能とされる。

ドライブを始める前に、R8を観察してみよう。

 

 

インテリア&エクステリア ▶ エンジン/シャシー ▶ 試乗記1 ▶ 試乗記2 ▶ スペック