徹底解説

2017.10.03

2代目アウディQ5/SQ5 日本国内初試乗 エンジンや装備の徹底解説も

[編集部より]

フルモデルチェンジを果たし2代目となったアウディQ5/SQ5。まずは渋いカラーリングのSQ5を試乗するとともに、パワートレインや内外装、装備などを、こまかく解説いたします。

text:Ogawa Fumio(小川フミオ) photo:Hidenori Hanamura (花村英典)

もくじ

プロローグ
2代目Q5/SQ5 10/2〜日本発売

試乗記
アウディSQ5試乗 エンジンはなめらか
ドライブモードは6つ それぞれに個性

外装
2代目、初代よりも「やや大型化」

内装
室内 心地よさが乗員つつむ

パワートレイン
小さな積み重ねで軽量化にも寄与

装備
安全装備と運転支援システム拡充へ

スペック
アウディQ5/SQ5のスペックを比較

プロローグ

2代目Q5/SQ5 10/2〜日本発売

アウディQ5およびSQ5がフルモデルチェンジ。2代目となった最新モデルが2017年10月2日から日本発売開始される。

Q5は2ℓ4気筒エンジン、SQ5は3ℓV型6気筒エンジンを搭載しているのが特徴。SQ5はQ5ラインナップにおける最上級モデルと位置づけられる。

アウディQ5は使い勝手のいいボディサイズで、人気の高いモデルだ。凝縮感のあるスタイリングで、スポーティさと適度なエレンガントさがミックスされている。それは新型も同様。

個人的にも(懐がそれなりに温かくて)ひとも乗せたい荷物も載せたいという目的でというとき、候補に入れたい1台だ。

新しいQ5とSQ5は、それゆえ注目している。なにしろ中身が完全に新しい。シャシーも新しければ、サスペンションも、エンジン(の一部)も、電子制御技術も刷新されている。

今回試乗したのは、Q5のトップモデル、SQ5である。さきに触れたように3ℓV6搭載。従来とはまったく違うエンジンだ。

新設計のV6の特徴はアウディいうところの「Bサイクル」採用にある。吸気バルブを通常のオットーサイクルエンジンより早めに閉じてエネルギー効率を高めるミラーサイクルエンジンだ。

ターボチャージャーなど圧縮比を下げる必要のある過給エンジンと相性のいいシステムである。新型V6には従来のスーパーチャージャーでなくツインスクロールターボチャージャーが装備されている。

このエンジンがかなりいいフィーリングだ。

next pageアウディSQ5試乗 エンジンはなめらか