徹底解説

2018.08.30

新型ホンダCR-V日本発売 ハイブリッド登場 価格/サイズ/7人乗り/内装を解説

編集部より

新型ホンダCR-V(5代目)、全6車種が正式発表されました。ガソリン車は8/31発売で、323万280円~。3列7人乗りもラインナップします。HV車は11月の発売。価格、サイズ、内装を徹底解説します。

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘)

もくじ

はじめに ホンダCR-Vとは?
ホンダCR-Vのエクステリア
ホンダCR-Vのインテリア
ホンダCR-Vのシャシー
ホンダCR-Vのパワートレイン
ホンダCR-Vの装備
ホンダCR-V 代表モデルスペック

はじめに ホンダCR-Vとは?

トヨタRAV4と共に、「街乗りSUV」という新たなジャンルを切り開いたCR-Vが、2016年に4代目をもって日本での販売を終了したことは記憶に新しい。

そのポジションは、2013年の発売と共に人気車となったコンパクトSUVであるヴェゼルが、ホンダSUVを担う形になっていた。しかしながら、ファミリーユースなどのニーズが高まる今、ヴェゼルに荷が重い部分があるのも確か。そこで約2年の充電期間を経てCR-Vが復活することになったわけだ。

5代目となる新型は、北米市場で既に先行発売されているものだが、単に法規的な対応のみの北米仕様が導入されると思うのは、少々、早とちりだ。

昨年には、中国市場などアジア地域の国々にも5代目が投入され、3列シート車やハイブリッド仕様の追加など、更なる進化を遂げており、その最新バージョンが日本、そして欧州に投入されるのだ。

開発者によれば、CR-Vが目指したのは、「究極の普通のクルマ」だという。この言葉は、実は意味深い。同時に、開発コンセプトとして「次世代のベンチマークとなるSUV」を掲げているからだ。ホンダが示す普通とは、世界各地の様々な環境でユーザーの誰もが安心安全に移動を楽しめる、そんなクルマ。

CR-Vが誤解を恐れずに示した「普通」=次世代のスタンダードを持つ新型CR-Vについて、さらに詳細を見ていこう。

next pageホンダCR-Vのエクステリア

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ