徹底解説

2018.12.13

新型ホンダ・インサイト(日本仕様) 価格/サイズ/燃費/発売日を解説

編集部より

新型「ホンダ・インサイト」が日本発表されました。コンパクトからミドルサイズへ拡大した3代目。パワートレインは、スポーツ・ハイブリッドi-MMD。クルマの本質的な魅力、環境性能、高いパフォーマンス、自然な乗り味を目指しました。画像20枚。

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

はじめに 新型インサイトとは?
新型インサイトのエクステリア
新型インサイトのインテリア
新型インサイトのシャシー
新型インサイトのパワートレイン
新型インサイトの装備
新型インサイトの価格/スペック

はじめに 新型インサイトとは?

一時期カタログから姿を消していたホンダ・インサイトが、クルマとしての本質を突き詰めて登場した。既に今年の6月にアメリカで発表され、ホンダの新時代ハイブリッド・モデルとして支持されている。

3代目となった新型インサイトは2代目がCセグメントのサイズだったの対し、世界のセダンの主流といえるDセグメントといえるサイズに拡大されたのが特徴だ。今回インサイトが加わったことにより、ホンダは日本で影が薄くなったセダン・タイプがグレイスからレジェンドまで5モデルも用意されることに注目したい。

バリエーションはベースグレードとはいえ必要なものがほとんど備わるLXと、装備をより充実させたEX、EXに特別装備を加えるとともに専用色のルーセブラック・メタリックが用意されるEXブラックスタイルの3種。パワートレインは、直列4気筒1.5ℓエンジンに「スポーツ・ハイブリッドi-MMD」システムという構成は3グレードで共通で、生産は寄居工場で行われる。