特別企画

2016.12.13

アストン マーティン・ラピードS ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

実は、アストン マーティンのラインナップの中でも以外に好調なセールスを記録しているのが、カタログ・モデルとしては唯一の4ドアであるラピードだ。そして、現行のラピードは、パワーアップをしたラピードSへと進化している。

よく考えて見れば、これほどまでにスタイリッシュは4ドア・モデルは存在しない。パナメーラぐらいがライバルとして浮かんでくるが、これほどまでに見るものを惹きつける美しさは兼ね備えていない。4人がしっかりと座ることができて、それでいてこれほどまでに美しい女性的なラインを持つ “スーパーカー” というのは、唯一無二の存在と言える。

ラピードSへのアップデートは、オートマティック・トランスミッションがこれまでの6速ATから8速ATに変更され、ノーマル・アスピレーションの6ℓV12ユニットのパワーも560ps、63.2kg-mにアップされている。その結果、最高速度は325km.h、0-97km/h加速は4.2秒というパフォーマンスを得ている。

ひとつ前のモデルとなるラピードよりも、明らかにスポーティに磨きがかけられたシャシー・セッティングも、適度な緊張感を与え、なおかつコントローラブルになっている。また、これまで欠点とされていたギアボックスも劇的に改善がされているのも大きな魅力だ。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

4ドアのスポーツカーであることに何よりも大きな意味を持つ。AUTOCAR英国版編集部もコメントしているように “見た目だけでも、このクルマを選ぶ価値は充分にある” としている。それでいて、そのフロント・ミドシップには6ℓV12が搭載されており、期待にそぐわない動力性能を兼ね備えているのであれば、何をこれ以上を望もうか。EVモデルのラピードeへのバトンタッチも噂されるが、是非とも残して欲しい1台である。


▶ 海外初試乗 / アストン マーティン・ラピードS

アストン マーティン・ラピードS

●価格:25,034,983円 ●最高速度:325km/h ●0-97km/h加速:4.2秒 ●ボディ・サイズ:5020×2140×1360mm ●車両重量:1990kg ●エンジン:V型12気筒5935ccガソリン ●最高出力:560ps/6750rpm ●最大トルク:63.2kg-m/5500rpm ●ギアボックス:8速タッチトロニックIII ●タイヤ:245/40ZR20 + 295/35ZR20

アストン マーティン http://www.astonmartin.com/ja/cars/rapide-s

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧