特別企画

2016.12.13

ダイハツ・ムーヴ・キャンバス ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

‘ゆるふわ’ という言葉がある。「ゆるり」と「ふわり」という意味を併せ持った言葉で、雰囲気が「穏やか」「ゆったり」「ほのぼの」した状態のことも指す。

そんな言葉を即座に思いだすのが、このクルマ。

エクステリアをデザインするうえでダイハツがもっとも大切にしたのは「愛らしさ」だという。ターゲットは、‘30歳前後の親と同居する未婚女性’ ということだ。

ターゲットを潔く絞り込んだことで、訴求もしやすくなったのではないかと思う。カタログには、カメラを首から下げる女性や、海辺を犬と歩くカップル、カフェなど、‘このクルマを買ったらどんな生活が待っているか’ を想像しやすい。

ルックスだけではなく、全高が1700mm以下の軽乗用車のなかで、はじめて両側スライド・ドアを採用した点や、わずか4.4mの最小回転半径、パノラマ・モニター、スマート・アシストIIと呼ばれる衝突回避支援システムにも手を抜かなかったという点も評価したい。

スーパーカーが技術の進歩を表す象徴だとしたら、小型軽自動車は、日本と、その背景にある ‘生活’ を象徴している。

日本のマーケットは、いま、どのような状況で、それにあわせたマーケティングは何がメインストリームなのか? を知りたければムーヴ・キャンバスに触れてみるのがよい。

 

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

なにを隠そう、2016年のAUTOCARアクセス数をダントツ・トップに引きあげたのは、このクルマの徹底解説記事だった。ふだん、スーパーカーをドリフトしてばかりのAUTOCARだが、その対極にあるとも言えるこのクルマがトップに引きあげてくれたのだ。われわれも勉強させてもらった。まことにありがとうございました。

 

▶ 国内初試乗 / ダイハツ・ムーヴ・キャンバス
▶ 徹底解説 / ダイハツ・ムーヴ・キャンバス
▶ 国内ニュース / ダイハツ・ムーヴ・キャンバスが公開、高畑充希が登壇


ダイハツ・ムーヴ・キャンバスL

●価格:1,188,000円 ●燃費:28.6km/ℓ ●ボディ・サイズ:3395x1655x1475mm ●車両重量:910kg ●エンジン:直列3気筒658cc ●最高出力:52ps/6800rpm ●最大トルク:6.1kg-m/5200rpm ●ギアボックス:CVT

ダイハツ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/