特別企画

2016.12.13

フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーラン ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

2003年、ゴルフVベースのMPVとして初代トゥーランが登場し、翌2004年には日本にも導入。そのゴルフ・トゥーランが去年11年ぶりにフルモデルチェンジし、今年、日本でも発売開始された。

新型はゴルフVIIと同じMQB=モジュラー・トランスバース・マトリックスと呼ばれる方式を用いて開発されたもので、ボディサイズは全長4535×全幅1830×全高1640〜1670mmと、先代より長さで130mm、幅で35mm大きくなり、高さは逆に最大で30mm低くなっている。ホイールベースも110mm伸びて2785mmになった。

9つに増えたエアバッグやプリ・クラッシュ・ブレーキ・システムその他の安全装備を全車標準にし、レーン・キープ・アシストやインテグレーテッド・チャイルドシート、前車速追従型機能付きアダプティブクルーズコントロールを最上級モデルに装備するなどした。

それらの結果、ヨーロッパの公的自動車安全評価指標の2015ユーロNCAPにおいて、最高レベルの5スターにランクされたという。

“実用性の高い居住空間と快適な乗り心地、それに安心感のあるドライビング感覚を備えたゴルフ・トゥーラン。1830mmの全幅と、ハイラインを選ぶと400万円に近づくプライスが特に気にならないという7人乗りユーザーもしくはその予備軍には、重要な選択肢になり得るクルマだと思う” というのはジャーナリストの吉田 匠の弁。

 

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

華美なクルマが増えすぎた。これでもかというほどに、おのおののクルマは主張してくる。たまに味わうならいい。けれどいつも口にするには、胃にキツイ。クルマは食事と同じかもしれない。そういった意味で、きちんとともに生活できるというイメージをもてるクルマは、ありがたい。

 

▶ 国内初試乗 / フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーランTSIハイライン
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・トゥーラン1.6TDI 110 SE
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・トゥーラン1.6TDI SE


フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーランTSIハイライン

●価格:3,769,000円 ●燃費:18.5km/ℓ ●ボディ・サイズ:4535×1830×1660mm ●車両重量:1560kg ●エンジン:直列4気筒1394ccターボ ●最高出力:150ps/5000-6000rpm ●最大トルク:25.5kg-m/1500-3500rpm ●ギアボックス:7速DSG

フォルクスワーゲン http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golftouran

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧