特別企画

2016.12.13

ミニ・クラブマン ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

“ミニの派生車種” という枠を、はじめて打ち破ったミニの派生モデルとして、新型クラブマンは50台に選ばれるべき1台だ。

フィアット500も911も、カーデザインのアイコンとなったモデルは、後世のリデザイン作業に様々な制約を残してしまう。しかし、クラブマンは先代の5ナンバーサイズから、新型は4270×1800×1470mmに拡大。AクラスやアウディA3をライバルとするサイズになった。また、先代ではアイデンティティを打ち立てるべく左右非対称の変則3ドアを採用したが、新型は一般的な4ドアボディとなり、この割り切りによってリアシートへの乗降が格段にし易くなった。ミニの派生という枠組みから、一歩前に進み出た感がある。

ボディサイズの拡大は、居住空間や荷室スペースに好ましい結果をもたらし、リアシートには大人がゆったり座れるレッグスペースが備わり、ラゲッジ容量は5人乗りでも360ℓ、分割式バックレストを全倒すれば1250ℓに拡大されている。

フロントとリアのスタイリングが調和しているかと言われれば、正しく答えられるか分からない。しかし、顔もお尻も、ひと目で新型クラブマンと分かるインパクトを持っているのは誰もが認めるところだろう。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

人間は、クルマのフロントとリアを同時に目にすることはできない。それにもかかわらず、われわれはその2つに関連性を求めてしまう。だからクルマの “顔” と “お尻” なんて言い方をするのだ。

500のステーションワゴンを一度目にしたが、どうにも据わりが悪く、いかにも派生車種という印象だった。新型ミニ・クラブマンには、リア・スタイリング大賞を捧げたい。一度でもこのクルマと並んで走ったことがある人なら、これがミニの殻をこじ上げた新機軸であると分かってもらえるはずだ。
 

▶ 国内初試乗 / ミニ・クーパー・クラブマン
▶ 徹底解説 / ミニ・クラブマン

ミニ・クーパー・クラブマン

●価格:3,440,000円 ●ボディ・サイズ:4270×1800×1470mm ●車両重量:1430kg ●エンジン:直列3気筒1498ccターボ ●最高出力:136ps/4400rpm ●最大トルク:22.4kg-m/1250-4300rpm ●ギアボックス:6速オートマティック ●タイヤ:225/45 R17

ビー・エム・ダブリュー https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-clubman.html

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧