特別企画

2017.08.29

Aston Martin DB11 アストンを変えたゲームチェンジャー

英国シルバーストン・サーキットで開催されたAUTOCAR Awards 2017のセレモニー。アストン マーティンDB11は、“アストンの運命を変えた” モデルとして表彰された。

そんなクルマが日本で発売されているのだから、試さずにはいられない。

text:Motohiro Yamazaki(山崎元裕) photo:Hidenori Hanamura(花村英典)
車両協力:アストン マーティン東京 

Game Changers賞 DB11試乗

先日、AUTOCARが発表した「The AUTOCAR Awards 2017」で、アストン マーティンDB11が、「Game Changers」賞を受賞した。Game Changerとは、自動車という工業製品においては、新しいコンセプトやエンジニアリングによって、それまでの常識や価値観というものを、一気に覆してしまう可能性を持つモデル、と解釈することができるのだろうか。


2013年に創立100周年を迎え、アンディ・パーマーCEOのもと、現在は次なる100年に向けた「セカンドセンチュリー・プラン」を進行中のアストン マーティン。Game Changerという言葉は、見事なまでに新時代のアストン マーティンを表現している。


DB11は、このセカンドセンチュリー・プランにおけるファーストプロダクトとして誕生したモデルだ。2003年からの長きにわたって生産が続けられてきた、DB9の後継車として開発されたDB11にとって、DB9は偉大なる存在であると同時に、斬新なデザインやエンジニアリングによって、自らそれを超越してみせなければならない存在でもあった。これまでのアストン マーティン、あるいはハイエンドGTの常識や価値観を覆すために。
 
next page運命の「ファーストプロダクション」