特別企画

2018.09.28

メガーヌ ルノー・スポール 井出有治に訊く、2018年新型R.S.と先代モデル

AUTOCAR JAPAN sponsored by Renault Japon
impression: Yuji Ide(井出有治)
text: Kenichirou Uda(宇田健一郎)
movie: Keisuke Maeda(前田惠介)
photo: Satoshi Kamimura(神村聖)

もくじ

新型メガーヌ4 R.S. 第1印象は?
MT好きが語る、6速EDC/4コントロール
HCCで、新型の走りはどう変わる?
井出の一押し 修正の速さ/サウンド

新型メガーヌ4 R.S. 第1印象は?

フルモデルチェンジを果たしたメガーヌ ルノー・スポールを、レーシングドライバーの井出有治がインプレッション。先代を愛用していた男の目に、新型はどう映るのだろうか?

――AUTOCAR JAPANでも以前紹介しましたが、井出さんは先代のメガーヌ3ルノー・スポール(R.S.)に乗っていました。

「新型メガーヌR.S.は、いい意味で先代とはまったく違う乗りモノに進化していますね。どちらも本物のFFスポーツカーであることは変わりないんですが……。それと、実際の車重はともかく、先代より圧倒的に軽く感じます」

――実際には、先代のファイナルエディションと比較すると車両重量は60kg増えています。ボディサイズの拡大分や先代にはなかった多くの高度なメカニズム、圧倒的に充実した装備を考えると、実質的には逆に軽量化されているともいえますが。

「クルマが軽く感じるのはパワーステアリングの軽さや四輪操舵の4コントロールによるものでしょう。特にパワーステアリングは明らかに軽くなりました」

「自分としてはパワステは基本的に重いほうが好きなんですが、先代は少し重すぎると感じる場面もなくはありませんでした。例えば、サーキットでカウンターステアで逃げたいときなどに、パワステの重さを少し邪魔に感じることもあったんです。本来であれば、この新型くらいに軽い操舵力のほうが、サーキットでも楽にコントロールしやすいです」

「新型のパワステは明らかに軽くなりましたが、かといって接地感やグリップ感が薄れたわけではなく、インフォメーションはキッチリあるのはさすがR.S.だと思いました。このあたりの本質は先代と変わっていません」
 

next pageMT好きが語る、6速EDC/4コントロール

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ