特別企画

2018.10.31

大画面カーナビで「逆走検知」 パナソニック・ストラーダ「F1XV」2018年新型

AUTOCAR JAPAN sponsored by Panasonic
text:Susan Fumiko(スーザン史子)
photo:Hiroyuki Kondo(近藤浩之)

 
350車種以上に装着できる大画面カーナビ、ストラーダFシリーズ。2018年新製品は、「振り向く大画面/ブルーレイ再生」のF1XV、「大画面/DVD再生」のF1DVという2モデルを選べるように。F1XV(CN-F1XVD)を題材に、新機能を体験してみましょう。

もくじ

大画面カーナビ「CN-F1XVD」発売
変わりかけの信号 TSPSでスムーズに
逆走だって、ゾーン30だって安心
振り向く大画面 地図もスイスイ

大画面カーナビ「CN-F1XVD」発売

先日、高校の友人との間で話題になったのが老眼! ガーン、ガーン!! 1970年代半ば生まれの団塊ジュニア世代も、もう初老の域。ハ〇キルーペのCMも意外とリアルに響きます。正直言って、長時間の運転は疲れる。目の疲れって大きいんですよね。

そんな話を、同じく初老仲間の編集者T君にしたら、「もう老眼なんですから、これを試してみてくださいよ〜!」と、ストラーダのFシリーズ(2018年モデル)のデモカーで迎えに来てくれました。まったく、人を老人扱いして〜。たったの1歳違いだからねっ!! 

とはいいつつ、運転席に座ってみると、Fシリーズ、画面デカッ!

9V型ワイド・ディスプレイは、およそ縦が11cm×横20cm、対角が23cmあって、かなりの存在感。まるでハ〇キルーペをかけたみたいに、大きく見えるじゃないの! これは快適ね。

CN-F1XVD搭載トヨタ・シエンタで市街地へ

こちらが今回取材した「CN-F1XVD」。振り向く大画面、クルマでブルーレイ、という人気機能を備えた最上位機種です。気になる地図情報だって、部分地図更新は最大3年間、全地図更新は2019年8月から2021年12月10日まで1回無料という長く付き合える1台(想定価格:18万円前後)。

 

2018年新製品のトピックは、FシリーズにDVDタイプが登場したことです。こちらの「CN-F1DVD」がその1台。ブルーレイがなくともDVD再生で十分という方が、手頃な価格で大画面カーナビを選べるようになりました。地図情報は、指定期間内に全地図更新が1回無料で行えます(想定価格:13万円前後)。

 

走り出して、まもなく赤信号で停止。すると、信号アイコンが表れ、カウントダウン表示とともに、「まもなく青信号です」という音声が聞こえてきました。

スーザン:あれ、これは新機能なの?

 

next page変わりかけの信号 TSPSでスムーズに

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ