スペシャルショップ・ナビ

アルファ・ロメオ155 ハーネスも年月が経つと重力には抗えず?

 

ミナーバの三和です。

こちらのアルファ・ロメオ155は最初パワステの不調でお預かりしました。
パワステの方は低圧ホースの劣化によるオイル漏れが原因でしたので、ホースを製作して交換にて無事解決。

 

これで完成! と思ったら突然アイドリング不調に!
テスターで診断するとエアフロが異常な数値を示していました。しかしここで気軽にエアフロを新品に交換というわけにもいきません。
エアフロ自体が非常に高価な部品な上、すでに新品の純正部品供給は終了しています。

 

とりあえず当社で確認用に保有している中古品に交換してみるも、どうにも芳しくありません。
他に原因があるのでは? ということでハーネス(配線)を疑い、エアフロから出ている配線をたぐっていくと…
ありました! バルクヘッドで車室内に配線が引き込まれている部分でバルクヘッド付近に飛び出したボルトのネジ山に
配線が接触して断線しているのを発見しました。断線した配線を修理して、むき出しのボルトには熱収縮チューブでカバーをかけました。
配線もボルトと十分に距離が離れるように細工を行いました。

 

しかしなぜ、配線が触れそうな部分に鋭利な刃物のようなボルトのネジ山が露出していたのか?
よくよく見ると、おそらくは新車時にはこのハーネスはこのむき出しのボルトとは十分に離れていたと思われます。
それが年月が経ってくるにつけ重力には抗えず垂れ下がってきて、離れていたボルトに接触してしまったようです。
クルマが旧くなってくると、もともとは想定していなかった不都合も発生するということですね。

ミナーバ

神奈川県横浜市港北区新羽町476
TEL:045-540-7117 FAX:045-540-7118
営業時間:10:00~19:00(土曜日は18:00迄)
定休日:日曜日、祝祭日