スペシャルショップ

プジョー106 経年劣化でヒータコア水漏れ 今後激増しそうな作業


こんにちは、レッドポイントです。
今までは年に一度程度ほどの頻度でしたが、今後は激増しそうなのが、
プジョー106のヒーターコアからの水漏れです。
作業のためには、室内のダッシュボードをゴッソリと取り外す必要があります。
 
エンジンルーム側からはこの部分が確認できるのみです。


ヒーターホースです。エンジン内を巡る冷却水が、室内のヒーターコアに入るために
このようにウォーターホースが取り回されています。
 
これらの修理作業には、ステアリングホイールやメーターパネル、各操作パネルなど、
様々な部品を取り外す必要がありますが、最終的にはダッシュボード本体を取り外します。


その後、ダッシュボード奥のヒーターボックスを取り出し、ヒーターコアを交換することになります。
 
今回の作業方針はラジエーターヒーターコアが未交換の車両だったので、
予防の意味で交換しましたが、コアはすでに水漏れを起こしていました。
さらにエンジンルームに突き出すウォーターパイプは、劣化によりいとも簡単に粉砕しました。
これまでギリギリで保っていたという状態でした。


取り出したヒーターコアには、水漏れの状況がくっきりと確認できます。
 
各部の組み戻しの前に、取り外した室内パーツをキレイに清掃し、
シリコン系のコーティング剤で潤いを与えます。



走行距離は22万キロです。まだまだいける106です。
水廻りのトラブルは、起きた際に自走不可能になる事と、
気付かずに走ってしまった際にはオーバーヒートを誘発します。
最悪の場合はエンジンにダメージを残しますので、注意が必要です。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/