スペシャルショップ

ステンメッシュのブレーキホースにも交換時期があります 社内での製作も可能


こんにちは、レッドポイントです。
先日、車検整備でお預かりしていたクルマで、SDLによるブレーキ制動テストの際、
最大制動力を得ようと徐々にブレーキペダルを踏み増していたところ、
突如としてブレーキペダルが床まで入り込む事態が発生しました。

原因は、古くなったステンレスメッシュ・ブレーキホースの破断でした。
ステンメッシュの被覆に覆われたブレーキホースの構造には2種類あり、
フィッティングパーツと呼ばれる末端の金具部とテフロンチューブを
カシメで繋ぐか、オリーブと呼ばれる真鍮製のシールをテフロンチューブに差し込み、
ボルトナットの要領で締め込んで密着させる方法があります。
前者は部品代金を抑えられ、製作時間も短縮できます。後者はその逆です。

新しいブレーキホースを製作・交換するために部材を出してきました。
当社ではミリサイズ、インチサイズのそれぞれのフィッティングをストックしていて、
既製品の設定のない車種には自社生産を行っています。
お値段は既製品よりも高額にはなりますが、あらゆるニーズにお応えすることが可能です。

ブレーキラインは3番のホース、クラッチラインには4番のホースを、といった具合に
使い分けており、不意の事態に備えて常備しています。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/