スペシャルショップ

プジョー207エンジンルームからの異音 オルタ周りに赤錆 EP6エンジンならではの機構に原因


こんにちは、レッドポイントです。
継続検査でお預かりしたプジョー207は走行7万キロあまり。
エンジンルームから異音があり、修理作業を行います。
始動時より異音が発生し、エンジン水温の上昇にしたがい、
違う異音の発生があるようです。
エンジンの回転数に合わせて異音に変化があり、
状況により、それぞれ異なる音が発生するなど、複数の問題がありそうです。
 
トランスベルトを外して発生状況を確認したところ、ベルト駆動箇所の異音で間違いありません。
オルタネーターやテンショナー辺りの赤サビ汚れが気になり、各部の分解を進めると
オルタネータープーリーのワンウェイ構造に問題がありそうです。





 
水温が上昇して異音が発生するのは、フリクションローラーが温度によりウォーターポンプに
回転駆動を加え始めると音が発生するようです。オルタネータープーリーとウォーターポンプの交換、
合わせてテンションローラーベアリングを交換します。



 


オルタネータープーリー交換を狭い車上で行えるように、センター保持用の50番Eトルクスを
スペースに合わせて加工し、専用ツール(SST)を製作し作業を行いました。
ワンウェイタイプのオルタネータープーリーは下図のような構造になっています。


EP6エンジン独特の機構のため、類似トラブルは今後気をつけて点検する箇所ですね。



レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/