スペシャルショップ

ビポストタイプOTA & V-UP16 アバルトを楽しむ人気パーツ2点盛り


こんにちは、レッドポイントです。
アバルト乗りのお客様よりリクエストの多い、エンジンフィーリングアップのための
パーツ2点を取り付けさせていただきました。

楽しむためのクルマ作りをご提案させていただく中で、純正品と置き換えることにより
ポテンシャルアップを図れることが色々とあります。
今回取り付けさせていただくBMCのOTA(オーバル・トランペット・エアボックス)もそういう部品のひとつ。
でも、せっかく付けるならばそのパーツの持ち味を一層引き立たせる手法で取り付けたい。
そんな思いから既製品を取り付けるだけではなく、少し工夫した取り付けを行っています。
最強のアバルトとして名高い、メーカー製チューニングマシン『ビポスト』に採用されている
エアクリーナーもBMCのOTAであり、その吸気系チューニングを考えた取り付け方が特徴的です。

ビポストのエアインテークシステムを導入しようと思うと、かなりの高額部品となるので
既製品を説明書とは異なる組み付け方で、結果としてビポストに倣ったレイアウトで
エアインテークを構成するのが『ビポストタイプOTA』となります。
専用のステーをインテークマニホールドに固定し、そこにエアクリーナーボックスを設置。
クリーナーボックスからエンジンのエアインテークまでの距離を可能な限り延長することで
ボックス内に仕込まれた整流効果を一層発揮させます。



 
クリーナーボックスのフレッシュエア導入口には付属のファンネルを
ダイレクトに取り付けることで、力強く高効率な吸気を実現します。


この工夫が結構効果的に働き、セオリー通りの取り付け方とは
ひと味違ったフィーリングをお楽しみいただけます。
 
 
エアクリーナーの取り付け時に同時施工させていただいたのがV-UP16による
エンジン点火システムのバージョンアップ。
純正のイグニッションコイルとスパークプラグから放つスパークの力を
部品交換ではなく後付けによる強化パーツで性能向上させることが可能です。


組み付けに関しては車両側のワイヤーハーネスの一部に加工を施す必要があります。

電源を供給する配線にV-UP16の入出力をつなぎ合わせます。
アバルトは施工箇所が狭いレール内に収まるため、うまく配線処理を行うには若干のコツが必要です。
いかにも後付け! といった感じは極力抑えたいので、丁寧に配線を繋ぐようにしています。

本体取り付けはアバルトの定番ポジションに設置しました。
取り付け後の整備性悪化につながらないように配慮して、設置場所を決めています。


エアクリーナーとV-UP16の取り付けにより、分厚さとエンジン回転上昇のなめらかさが向上し
乗りやすい、そして楽しいフィーリングをご提供させていただきました。

レッドポイント

岐阜県各務原市各務おがせ町5-239-3
TEL:058-370-5064 FAX:058-370-3655
営業時間:10:00〜18:00(日祭日は12:00〜18:00) 定休日:第2日曜日
http://www.redpoint.co.jp/