メルセデス・ベンツ、4気筒クリーンディーゼルを日本導入

2015.03.31

メルセデス・ベンツ日本は、Eクラス(セダン/ステーションワゴン)およびCLSクラス(クーペ/シューティングブレーク)のラインナップに4気筒クリーンディーゼル搭載モデルを追加した。

今回追加となるE 220ブルーテック、E 220ブルーテック・アバンギャルド、E 220ブルーテック・ステーションワゴン、E 220ブルーテック・ステーションワゴン・アバンギャルド、CLS 220ブルーテック、CLS 220ブルーテック・シューティングブレークの6モデルには、メルセデス・ベンツとして日本で初めて、2.2ℓ直列4気筒ブルーテック・エンジンを搭載する。これにより、EおよびCLSクラスは、エントリーグレードがクリーンディーゼル・モデルというラインナップ構成になる。

最新世代のコモンレール・ダイレクト・インジェクションや、低回転時からのレスポンスと高回転時のパワーに優れた2ステージ・ターボチャージャーなどを採用したことにより、新たなエンジンは最高出力177ps、最大トルク40.8kg-mを発揮する。E 220ブルーテックは18.6km/ℓ(JC08モード)と高い燃費性能を実現し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成。新エコカー減税(重量税、取得税 免税)をうけることができる。また、今回のモデル追加に伴い、E 250、E 250ステーションワゴンは廃止される。

なお、今回の4気筒クリーンディーゼル搭載モデル追加により、メルセデス・ベンツのクリーンディーゼル・モデルは11モデルになる。

価格はE220が5,990,000円から7,240,000円。CLS220が7,650,000円から7,910,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事