アストン マーティン、フィスカに対する訴訟を取り下げ

公開 : 2015.04.10 22:40  更新 : 2017.06.01 02:10

アストン マーティンは、フィスカが発表したコンセプト・モデル、サンダーボルトに対する訴訟を取り下げた。このフィスカー・サンダーボルトに対してアストン マーティンは、未許可のコピーであり受け入れることはできないとし、そのスタイリングやロゴを始めとする幾つかの要素について訴訟を起こしていた。

しかし、オーダーがあれば生産も考えるといっていたサンダーボルトについてフィスカーが一切生産を行わないとしたために、アストン マーディンも訴訟を取り下げることにしたのだ。

ヘンリック・フィスカーは、ご存知のとおり、DB9やV8ヴァンテージをデザインした元アストン マーティンのデザイン責任者であり、アストン マーティンを離れた後に、ハイブリッド・モデルであるフィスカー・カルマを2011年の発表した。しかし、その新しい会社であるフィスカー・オートモティブは2013年に破産宣告を受けている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事