フェラーリ・ブランチ 2015 IN 御殿場ガーデン

2015.04.12

text & photo:Kazuhide Ueno (上野和秀)

 
日本のフェラーリ・オーナーにとって欠かすことの出来ないイベントがフェラーリ・ブランチだ。フェラリスティの社交場であると共に、初めて跳ね馬を手に入れたオーナーにとっては「ブランチ・デビュー」を果たす何よりの晴れの場でもある。

しばらく休止していたフェラーリ・ブランチだが、昨年におなじみの場所で復活を遂げ、新たな歴史を刻み始めた。今回もこれまでどおりのヴィンテージカーズに加え、フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンとの共同開催とされた。

スペースの関係から250台限定の募集だったが、待望のブランチだけに全国からのエントリーが殺到し、たちまち満員御礼になってしまったという。

昨年は生憎の豪雨に見舞われたが、今年は素晴らしい快晴となり、富士山と満開の桜がブランチの開催を祝っているようだった。

伝統通り特別なプログラムは無く、クルマを囲んで旧知の友や同じモデルのオーナーとの親睦を深め、その後ブランチを仲間と共に楽しむ、という内容に変わりは無い。オープニング・セレモニーでは主催するヴィンテージカー代表であると共にブランチの象徴である松田芳穂氏の挨拶に始まり、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のリノ・デパオリ氏が開催のお祝いに駆けつけ、参加したフェラーリ・オーナーに感謝の意を表した。

会場の中央にはラ フェラーリが配され、そこからエンツォ、デイトナ、288GTO、F50、F40、599GTO、ディーノなどのスペチアーレとヒストリック・モデルが並べられた。現行モデルも多数参加したが、今回はヒストリック・モデルとなった308/328系が数多く姿を見せたのが新鮮だった。

ギャラリースペースはコーンズ・モータスのフェラーリ・クラシケ・コーナーが設けられた。マラネロでフルレストアが行われた250GT SWBと365GTB/4デイトナを特別展示し、圧倒的な存在感を放っていた。

ブランチを楽しんだあともグリーン上の各所で、参加者同士がフェラーリ談義で盛り上がっていた。意中のモデルのオーナーを訪ね、所有するにあたっての貴重な情報をゲットしている姿も見られた。最後に参加者全員で記念撮影を行い、これまで通り流れ解散とされ、春の祭りは最後まで素晴らしい天気に恵まれた。

  • 今年は天候に恵まれ、開催を祝うように富士山も一日中姿を現した。

  • 標高の高い御殿場ではちょうど桜が満開で、ブランチを彩ってくれた。

  • 新旧様々、色とりどりの跳ね馬達がガーデンを埋め尽くした。

  • 昨年と打って変わり朝から快晴となり、富士山もくっきりと姿を見せた。

  • フェラーリ・ブランチの象徴といえる松田芳穂氏の挨拶で始まった。

  • フェラーリ・ジャパン社長のリノ・デパオリ氏が来場し開催を祝った。

  • 会場の中心にラフェラーリが置かれ、その隣にエンツォが配された。

  • ギャラリーには250GT SWBと365GTB/4デイトナが展示された。

  • 参加したデイトナのボディカラーは、珍しくすべてが異なっていた。

  • 今も高い人気を誇るF40は、各地から7台が集まった。

  • 曲線を多用した魅力的なスタイリングを持つディーノは3台が参加。

  • ‘70年代らしいウェッジシェイプが特徴の512BBは2台姿を見せた。

  • 今やクラシック・モデルの領域となった308/328系だが、今回はいつになく数多くが集まった。

  • スペチアーレの始祖であり、グループBホモロゲ・モデルでもある288GTOは、グラマラスな姿を披露した。

  • 横浜を拠点とするニコル・コンペティツィオーネは、ジェヌインやアクセサリーの展示販売を行った。

  • ロッソ・スクーデリアもメインホールにブースを設け、アクセサリー類と顧客のサポートを行った。

  • フェラーリ・オフィシャル・ウォッチのウブロもブースを設け、魅力的なリストウォッチを紹介した。

  • ル・マン・クラシックをサポートするリシャール・ミルのリストウォッチは、エンスーには見逃せない存在だ。

  • 今回は松田コレクションの御殿場ガレージが特別公開された。

  • 最後に参加者全員で記念撮影を行った。午後にもかかわらず霊峰の姿も。

  • 伝統通りに流れ解散とされ、フェラーリ・ブランチは幕を閉じた。

 

人気記事