モーガン3ホイラーEVがグッドウッドに登場

公開 : 2015.06.20 22:30  更新 : 2017.06.01 02:09

2016年に発売が予定されているモーガン3ホイラーのEVバージョンが来週のグッドウッド・スピード・オブ・フェスティバルで公開されることになった。

EV3というネーミングが与えられたこのモデルはマルヴァーンに拠点を置くモーガンにとって2台めのEVモデルとなる。

最初のEVであるプラスEは、2012年のジュネーブ・モーターショーで公開されている。

EV3のパワー・ユニットは、リアに搭載される104psのモーターだ。ボディウエイトが僅か450kgということもあって、そ航続距離は240kmになるという。

初代のプラスEは、5速のマニュアル・ギアボックスを持ち、95psのモーターを搭載。最高速度は185km/hで、0-100km/hの加速タイムが6.0秒、そして航続距離は193kmというものであった。

ハンドクラフトによる製法でオーダーに応じる、とモーガンはアナウンスしており、新しいゼロエミッションの世界が開けるクルマであるという。現時点ではプロトタイプだが、ローンチ前には完全なテスト計画が立てられているという。

 

人気記事