三菱、EVのコンパクトSUVコンセプトを東京モーターショーで世界初公開

2015.10.08

三菱は、東京モーターショー2015で、次世代EVシステムを採用したコンパクトSUVコンセプト、ミツビシeXコンセプトを世界初披露する。

ミツビシeXコンセプトは三菱が提案する電気自動車のコンパクトSUVで、同社の得意とする電動化技術と四輪制御技術をはじめ、コネクティッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術などを採用している。車名のeXは、イー・エックスと読み、“elctric cross-over” を意味する。

エクステリアは、コンパクトSUVにシューティング・ブレークのもつ上質さとクーペスタイルを融合させており、フロントはデザイン・コンセプト、ダイナミックシールドをベースに新しいデザインを提案した。インテリアも含め、スタイリングはすべて、これからの三菱自動の方向性を示すものになっているという。


▶ 2015 東京モーターショー

 
最新国内ニュース

人気記事