Eクラス・クーペの新モデルは、年内の発表を予定

公開 : 2016.01.26 22:45  更新 : 2017.06.01 01:38

BMW 6シリーズ、そしてアウディA5のライバルとなるEクラス・クーペの開発をメルセデスは進めている。

発表は、本年末を予定しており、ショールームに並ぶのは2017年の下期とされている。今回改めて、この3ドア・モデル、Eクラス・クーペのテスト風景をキャッチすることに成功した。

ベースとなる第5世代のEクラス・サルーンは、1月のデトロイト・モーターショーで公開され、Sクラスから引き継ぐデュアル・スクリーン・デジタル・インストルメント・クラスターなどを特徴とするモデルだ。

この初期のEクラス・クーペは、リアに向かいなだらかに傾斜したルーフ・ラインなどを見て取れるが、そのトランクリッドはダミーのように感じされる。デザインは、Sクラス・クーペやCクラス・クーペのデザイン・キューが用いられているように見える。

新世代のEクラスは、CクラスおよびSクラス同様にMRAプラットフォームが使用され、メインとなるエンジンは2.0ℓ4気筒のガソリンおよびディーゼルだ。また、3.0ℓ6気筒ディーゼルや。E350eハイブリッドもラインアップに加えられることになる。

サルーン同様に現行のEクラスよりも価格は若干高価になりそうだ。

関連テーマ

 

人気記事