コンチネンタルタイヤ、スポーツ・コンタクト6を発売

2016.02.15


コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、フラッグシップモデルのスポーツ・コンタクト6を3月1日より発売すると発表した。

スポーツ・コンタクト6は、ホンダの新型シビック・タイプRに純正タイヤとして承認され、開発段階においてニュルブルクリンク北コースのFF量産車最速ラップタイムを打ち立てている。

従来モデルからコンパウンド、トレッドパターンデザイン、内部構造を徹底的に刷新。更にステアリングの正確性、ハンドリング性能、高速走行時の安定性の向上が特徴となっている。

新タイヤは、最新のブラックチリ・テクノロジーを採用し、タイヤと路面を原子的に結合し、高速時のグリップを高めた。路面の凹凸に食いつくように設計されたコンパウンドは、路面との間に生じる一時的な原子的結合が、ナノスケールで吸着盤のようなグリップ性を発揮して、限界時においても粘着力を約束するという。

ほかにも、タイヤ接地面の内側、外側、中心部に異なるトレッド要素を配置し、ステアリング性能およびコーナリング性能を高めている。

2016年度の取扱いサイズは、245/40ZR19(98Y)XL 〜 315/25ZR23(102Y)XLの30サイズ。サイズリストは、下記サイトで確認できる。

価格はオープンプライス。

スポーツ・コンタクト6 サイズリスト情報サイト:
http://www.continental-tire.jp/www/download/tires_jp_jp/themes/press-services/download/dl_2016_02_15_SC6_sizelist_jp.pdf

関連テーマ