蛯原友里はどっちの新型フリード派? 発表会を生中継

2016.09.16

ホンダ・フリード/フリード・プラスの発表会を生中継




ホンダは、コンパクト・ミニバンのフリードをフルモデルチェンジし発売した。

2代目となる新型は、3列仕様のフリードと、2列仕様のフリード・プラスという2種のモデルをラインナップ。それぞれにハイブリッド・モデルとガソリン・モデルを用意する。

フリードは、6人乗りと7人乗りを選べ、前者は2列目がキャプテンシート・タイプとなるが、そのスライド量は先代比で120mmも延長されている。1・2列目をフラット、2・3列目をフラット、2名乗車+最大ラゲッジなど、多彩なシートアレンジが特徴だ。

フリード・プラスは2列仕様の5人乗りで、後席をたたむことで大人2人がくつろげる完全フラットな空間をつくりだすことができる。また、先代比で-185mmとした超低床ラゲッジを採用し、ゴルフバックのタテ積みが可能となっている。

ハイブリッド車のパワートレインは、1.5ℓアトキンソンサイクル・エンジン(110ps、13.7kg-m) + モーター(29.5ps、16.3kg-m)に7速デュアルクラッチを組み合わせた。ガソリン車は1.5ℓの直噴エンジン(131ps、15.8kg-m)とCVTのセットを選んだ。

とくにハイブリッド車では、インテリジェント・パワーユニットを従来の3列目シート下から、1列目シート下に移動したのが注目だ。これにより、ハイブリッド/ガソリンを問わず4WD車がラインナップされる。FFハイブリッド車の燃費は27.2km/ℓとクラストップになっている。

価格はフリードのハイブリッド・モデルが2,256,000円から2,728,200円、ガソリン・モデルが1,880,000円から2,332,200円。フリード・プラスのハイブリッド・モデルが2,276,000円から2,748,200円、ガソリン・モデルが1,900,000円から2,352,200円。


▶ 徹底解説 / ホンダ・フリード/フリード・プラス

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事