フォードBマックス 1.4 デュラテック・ゼテック

公開 : 2012.11.22 15:56  更新 : 2017.05.29 18:55

■どんなクルマ?

99bhpの1.0リッター3気筒エコブースト・エンジンの代わりに、この89bhpの1.4リッター4気筒エンジンを選ぶと、0-100km/hは0.6秒遅くなり、燃費は3km/l悪くなり、そしてCO2排出量も20g/km上がる。しかも、旧い4気筒エンジンならではの重量増とノイズもついてくる。では、このエンジンの存在意義はどこにあるのだろう。それはずばりその価格にある。

このベーシックなBマックス1.4スタジオにフォードは12,995ポンド(171万円)という価格をつけている。より豪華なゼテック・トリムでは2,605ポンド(34万円)高になる。ちなみにエコブースト・モデルは、このゼテックトリムよりも595ポンド(8万円)高い。

■どんな感じ?

4500rpmまでは穏やかな加速を示す。6速ギアがないのが悔やまれる。しかし、そのサウンドは、かなり切迫したようなフィーリングだ。4000rpmという高いトルク・ピークはロードカーとしては相応しくないし、その重たいノーズは安定性を欠くきらいがある。とはいうものの、ローエンドでは顕著にパワー不足を感じることはない。

3気筒エコブースト・モデルは、コーナリングではこの4気筒モデルよりも遥かに器用だ。バンのシルエットを持ち、高いシート・ポジションを持つBマックスから考えられないような安定性とバランスを持っている。1.4モデルも、ハンドリングは良く、総じて乗り心地も良い。しかし、唐突な凹凸には対応できていないようだ。

インテリアは、ほかのBマックス同様に優れたパッケージだ。特にBピラーのない構造は、リア・シートへチャイルド・シートを装着する際にはこの上なく便利だ。若干、フロント・シートの幅が狭いと感じるものの、キャビンのフィニッシュは良い。

■「買い」か?

あなたがコンパクトな移動手段を求めるのであれば、Bマックスは良い選択だ。しかも、シンプルな装備でよければBマックスの1.4スタジオは適正価格といえるだろう。しかし、より豪華なゼテック・トリムを選ぶのであれば話は別だ。エコブーストのために595ポンド(8万円)を惜しむのは常軌を逸した行為としか考えられないからだ。

(リチャード・ブレムナー)

フォードBマックス 1.4 デュラテック・ゼテック

価格 15,600ポンド(205万円)
最高速度 170km/h
0-100km/h加速 13.8秒
燃費 16.7km/l
CO2排出量 139g/km
乾燥重量 1275kg
エンジン 直列4気筒1388cc
最高出力 89bhp/5750rpm
最大トルク 12.7kg-m/4000rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記