新型Cクラス、カモフラージュなしで出現

公開 : 2016.11.09 04:40  更新 : 2017.06.01 00:34

2017年に予定されている現行メルセデス・ベンツCクラス初のフェイスリフトの姿をキャッチすることに成功した。

テスト車両は、ほとんどカモフラージュがされておらず、新しいEクラスと似たLEDヘッドランプが採用されていることが分かる。

また、アップデートされたエア・インテークを持つフロント・バンパー、グリルまわりのデザイン変更、サイド・スカートへのクローム・ハイライトの追加、そしてリア・バンバーの変更などが行なわれるが、全体的にエクステリアの変化は最小限とも言える。

エンジンについての詳細は不明だが、現行のラインナップがそのまま引き継がれることになろう。

新型は、インフォテインメントのアップデート(Eクラス同様にデュアル・スクリーンの可能性もある)により、わずかに値上がりする見込みだ。


▶特別企画 / メルセデス・ベンツC 220 d BlueTECの新潮流

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事