英国のEU離脱を受けてミニのEVはドイツで生産か

公開 : 2017.02.28 18:41  更新 : 2017.06.01 00:28

英国のブランドであるミニではあるが、BMWはオックスフォード工場でのミニの生産台数をこれ以上に増やさないことになるかもしれない。

英国政府とEUの話し合い次第でミニの英国生産を制限

英国政府とEUの間で行なわれている「単一市場」貿易協定が引き続き確保されなければ、ミニのオックスフォード工場での生産がこれ以上増やされることはないという。

ドイツの経済新聞、ハンデルスブラットによれば、2019年から生産を開始するミニのEVについてはドイツで製造をすることになるという。また、その他のミニに関しても、レーゲンスブルグ工場やライプツィヒ工場で生産される可能性もある。更に、オランダのネッドカーともライセンス生産をする契約を取り付けているという。

オフィシャルにミニは2019年からEVを生産するとしているが、このモデルの生産がどこで行なわれるかは明らかにしていない。

ハンデルスブラットは、その決定は今年3月の初旬になるということであり、その行方は英国政府とEUの話し合い次第だということだ。

関連テーマ