アウディのエレクトリックSUVであるQ6、プロダクション・モデルでは異なるネーミングに

公開 : 2017.03.09 14:30  更新 : 2017.06.01 00:27

アウディQ6 e-トロンは昨年のフランクフルトで公開されたコンセプト・モデル。このQ6 e-トロン、発売時には違う名前が与えられることになるかもしれない。

シュタドラーがジュネーブで言ったこととは

アウディ初のエレクトリックSUV、Q6 e-トロンは、昨年のフランクフルト・モーターショーでコンセプト・モデルが公開されたが、一昨日のジュネーブ・モーターショーの会場で、CEOのルパート・シュタドラーが、そのネーミングについて言及した。

「われわれとしてはe-トロンというネーミングをブランドとして築きあげていきたいと考えている。しかし、その名前については制限をしたくない」と語ったのだ。「Q8というネーミングと同様に、Q6というネーミングが支持されるかもしれないが、現時点では命名法について特に制限は設けていない」という。つまり、e-トロンのネーミングは使用するものの、Q6といったアウディの文法にしたがったモデル名が与えられない可能性があるというのだ。

アウディがQ6で目指すプレミアム・エレクトリックSUV市場は、まずはジャガーI-PACEの登場で開けられると予想される。

アウディQ6は、ポルシェ・ミッション-Eに使われるアーキテクチャーをベースに開発が進められているモデルだ。モーターの出力はおよそ500psで、航続距離は500km。価格は£60,000(840万円)になると予想される。



▶ 海外ニュース / アウディQ6 e-トロンが製品化へ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像

×