11月のスバルの国内販売数、前年同月比106.7%

2012.12.21

富士重工業は、 11月の国内生産、海外生産、国内販売、輸出台数を発表した。

国内生産台数:51,592台 (前年同月比100.0%)
海外生産台数:15.338台 (前年同月比92.6%)
総生産台数 :66,930台 (前年同月比98.2%)

国内販売台数:15,117台 (前年同月比106.7%)

輸出合計台数:30,496台 (前年同月比85.3%)

国内生産の登録車は、インプレッサの好調により、11月単月として過去最高の台数で14ヶ月連続前年超えとなった。国内生産合計でもわずかに前年を上回り、14ヶ月連続前年超えとなった。海外生産は、3ヶ月連続で前年割れとなりました。合計では14ヶ月振りに前年割れとなった。

国内販売の登録車はインプレッサ、新型フォレスターの販売好調により、6ヶ月連続前年超えとなった。合計は4ヶ月振りに前年超えとなった

完成車の輸出は、インプレッサの販売は好調なものの、レガシィとモデルチェンジを控えたフォレスターの出荷が減少したことにより、10ヶ月振りに前年割れとなった。

関連テーマ

関連テーマ

 
最新国内ニュース