タイムスリップ第2弾 走行130kmの1996年型メルセデス・ベンツ500SLを発見

公開 : 2017.04.15 08:00  更新 : 2017.06.01 00:23

4月2日のニュースで、走行僅か1540kmの3代目SL(R017)がオークションに掛けられたという話しをお伝えしましたが、今度は走行130kmという4代目SL(R129)がCoysのオークションに出品されます。

大部分の人は、クルマのキーをなくしてしまった場合、新しいキーを作り直すものだ。しかし、もうひとつのオプションがある。それは、キーをなくしたのを運が悪いとあきらめ、そのままクルマを放置することだ。この1996年型500SLのオーナーは後者を選んだことになる。


Coysのクリス・ラトリッジは、「このクルマには面白いストーリーがあります。実はこのSLは誕生プレゼントとして購入されたものですが、130kmほど走行した時に、鍵をなくしてしまったのです。それ以来、走行することはありませんでした。現在の価値は、普通の状態であれば£5,000〜7,000(68〜95万円)といったところですが、これほどマイレージの少ない、ほぼ新車のようなこのSLは、£45,000〜55,000(610〜750万円)程度で取引されると思います。鍵が何故なくなったのかは未だにミステリーですが、新しいオーナーのためにキーは新たに作り直されています」と語った。

エンジンはM119エンジンで、フロント・シート・ヒーター、CDマルチ・チェンジャー、アップグレードされたラジオ、レザー・トリムとウッド・ステアリングといったオプションも付けられている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事