BMW Motorsport Festival 2017

2017.07.15

BMWのクルマづくりとは切り離せないモータースポーツをテーマに据えたイベントが「BMWモータースポーツ・フェスティバル」です。レースカーからMモデル、モーターサイクルまで、スポーティなBMWが富士スピードウェイを駈けぬけた熱い1日でした。

text & photo:Daisuke Ebisu (戎 大介)

BMWの走りにかける情熱をサーキットで体感

1世紀にもおよぶ歴史を持つドイツのメイクス、BMW。その製品は実用的なサルーンであってもスポーティな乗り味を身上としており、マルチシリンダーエンジンやリア駆動、最適化された重量配分を持つ同社の製品は、世界中のエンスージァストから支持され続けている。

7月15日に富士スピードウェイで開催された「BMW Motorsport Festival 2017」。同社のフィロソフィであるモータースポーツをテーマにSUPER GT参戦車両や歴代のMモデル、そして、BMW車によりスポーティなテイストを加えるM Performanceパーツまでを展示。

さらには富士のフルコースでの試乗や同乗走行も実施し、BMWオーナーならずともその魅力を満喫できるイベントとして、多くの来場者で賑わった。

好調のBMW Motorrad 限定モデルや期待の中型モデルも展示

さて、BMWといえば4輪車だけではなく2輪車部門の「BMW Motorrad(モトラッド)」も刺激的な新モデル攻勢で非常に好調であることもご存じだろう。

今回のイベントではBMW Motorradの全ラインナップを展示。サーキットでの試乗とタンデムでの体験走行はその勢いを示すように、実に200人を越えるという盛況ぶりだった。

近年、新たなコンセプトのモデルを続々と投入しているBMWモトラッド。会場でも世界限定750台のレーストラック専用モデル「HP4 RACE」や、同社初となる普通2輪免許で乗れる310ccのロードスターモデル「G 310 R」はとりわけ注目を浴びていた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事