BMW 2シリーズ・コンバーチブル マイチェン版に試乗 220dは多才

公開 : 2017.08.01 11:40

小さなコンバーチブルって、何かと気になるかたも多いのでは? 今回は2シリーズ・ディーゼルの試乗。もとめるほとんどのことを叶えてくれました。

■どんなクルマ?

メカニズムそのものに変化なし

新しい2シリーズに、最新式のBMWデザインのメスが入った。フェイスリフトはクーペ、コンバーチブルなども共通しておこなわれ、ベースとなる1シリーズもまたフェイスリフトが施されている。

今回取り上げるのは2シリーズ。外観にはLEDヘッドランプが標準装備され、キドニーグリルはデザインを見直されている。

オプションのLEDフォグランプや、スタイリングが見直されたフロントのエアインテーク、加えて3色の新たなボディカラーと4種類のアロイホイールを取り揃えている。

ダッシュボードは完全に新しいもので、新式のディスプレイも備わった。最新のiDriveインフォテインメントシステムを採用。新しいレザーの内装を取り入れている。

今回のテスト車両は189psを発生させる2ℓの220dで、メカニズムに関しては何ら変更はない。公式には1ℓあたり37.6kmを走破するようで、124g/kmのCO2を排出する。

 
最新試乗記

人気記事