フォース・インディアVJM06デビュー

公開 : 2013.02.02 10:43  更新 : 2017.06.01 01:45

フォース・インディアは2013年のF-1マシン、VJM06をシルバーストンで公開した。昨年のマシンをベースに、空力面での改善を中心に行ったマシンだ。

チームの副代表、ボブ・ファーンリーと、ドライバーであるポール・ディ・レスタ、そしてテクニカル・ディレクター、アンドリュー・グリーンによってマシンはお披露目された。

「われわれはシャシーの限界を高めた。すべての改善は、クルマのパフォーマンスを上げることに注力した。」とグリーン。

ディ・レスタは、フォース・インディアで3年目のシーズンを迎える。セカンド・ドライバーはまだ発表されていない。