アルファ・ロメオ・ザウバー C37公開 アルファの名、F1に復活

公開 : 2018.02.22 19:10

アルファ・ロメオ・ザウバーF1チームから、F1マシン「C37」が発表されました。コクピットを保護する「ハロ」を搭載してF1に戻ったアルファ・ロメオ。2018年マシンをドライバーとともにご紹介します。

もくじ

ドライバーは、エリクソン/ルクレール
クアドリフォリオ F1に復帰
フェラーリ製エンジン 2018年仕様に

ドライバーは、エリクソン/ルクレール

アルファ・ロメオ・ザウバーF1チームは、2018年F1世界選手権に向け、新マシン「C37」を公開した。

C37は新レギュレーションへの対応と、アルファ・ロメオ・ザウバーF1チームが新たな技術的アプローチでエクステリアを仕上げたマシンだ。


チーム責任者のフレデリック・ヴァスールは次のように述べている。

「2018シーズンの開幕が近づき、マーカス・エリクソンとシャルル・ルクレールのふたりのドライバーの活躍を見られることがとても楽しみです。また、過去数カ月にわたりチームによる多大な努力が注ぎ込まれたC37を本日公開できて嬉しく思います」

「経験豊富なマーカスと期待のルーキーであるシャルルは完璧なコンビになると確信しています。マーカスが我々とともに戦うのは4シーズン目となり、彼はその豊富な経験と的確な技術的フィードバックによりチームに貢献してくれています。シャルルについてはF1に至るまでのレースで才能を発揮しており、今シーズンからF1のグリッドに立つにふさわしいドライバーです」

チームの目標は、レースの前線に食い込むことだという。